スマレジforMedical 資料

バーコード連携と自動連携の違いについて

※自動連携の場合:

 メリット

   ・事務員さんの作業軽減が可能。

    (ORCAで会計が終了すると、自動で患者名と金額が、スマレジへ表示されます。)

   ・レジ登録金額の間違いが無くなる。

   ・請求額の内訳を管理する事ができます。

       保険請求額「社保」

       保険請求額「国保」

       保険請求額「後期高齢」

       保険請求額「その他」

       自費保険請求額

       自費項目1(例:文書料「内税」)

       自費項目2 (例:予防接種「内税」)

       自費項目3 (例:健康診断「内税」)

       自費項目4 (例:自費薬剤「内税」)

       自費項目5 (例:自費材料「内税」)

       自費項目6 (例:自費物販「内税」)

       自費項目7

       自費項目8 (例:その他「内税」)

       自費項目9

       自費項目10

       消費税

       未収金

       返金

       調整金

   ・患者様毎の請求履歴の管理が可能です。

 

 デメリット

   ・バーコード連携より、初期導入費が、約20万高い

※バーコード連携:

 メリット

   ・自動連携より、初期導入費が、約20万安い

   ・レジ登録金額の間違いが無くなる。

   

 デメリット

   ・事務員さんの作業がある。

    (請求書に印字されたバーコードを、事務員さんがバーコードリーダで読み取る必要がある。)

   ・請求額の内訳を管理ができない。

   ・患者様毎の請求履歴の管理ができない。